40代男性で友だちがいない危機とは?

40代男性で友だちがいない危機

友達って何でしょう?と思う方も多いのではないでしょうか?

 

仕事と家庭との両立、自分の地位を作るために
仕事一筋って男性も少なくありません。

 

40代を迎え子供も成長し、仕事もベテランになり、
時間の余裕ができた時、気が付けば「友達と呼べる
存在がいなかった」と思う方もいます。

 

しかし、40代男性ともなると「友達になろう!!」と
気軽に声をかける事も難しいのではないでしょうか?

 

そこで今回は、友達のいない40代男性はどのように人と
接していくかを見てみましょう。

 

40代男性友達作りの立ちはだかる壁

 

・仕事の毎日に明け暮れて、学生の頃の友人などと
連絡を取ったり、会ったりすることなく過ごして来た
40代男性。

 

気が付けば自分の周りには友達がいなくなって
いたと言うのが本当だろう。

 

仕事中心の生活になっている現状を変えていく必要があります。

 

新しい事を始めてみると言う事が大切。ここで
「新しい事を始める億劫さ」が1つの壁になります。

 

新しい事を始めてみたが馴染めなかったと言う壁。

 

会社の人との繋がりなどで始めたジムやサークルでは
馴染めない事が多く、反対にすぐに馴染めてしまう方が
不自然とも言えます。

 

色々な経験をし、試行錯誤を繰り返しながら自分に
合った快適な場所や仲間を見つける事が後に
長い付き合いとなって行くでしょう。

 

気楽な関係の仲間

 

友達は本当に必要なのか?と思う事がありますが、
40代男性にとって仕事もあり、都合のいい仲間が
気楽でいいのではないでしょうか?

 

無理に人に会わせて飲み会などを行うのではなく、
飲み会など都合のいい日に集まり、ほどなく解散
していく位の関係が気楽に付き合えます。

 

趣味にあったサークルなどを見つける事で会話も弾み
同じ趣味を持つ仲間なら年齢差も
感じないかもしれません。

 

人生の折り返し地点

 

40代は人生の折り返し地点とも言えます。

 

年齢的にも友達なんていらないと思う方も多いと
思いますが、人生の折り返し地点だからこそ話し
合える仲間が必要な事もあります。

 

体力も落ち始め、仕事も大きな責任がかかってくる
人もいるでしょう。

 

仕事ばかりではストレスが溜まり、鬱、情緒不安定に
もなってしまう方もいます。

 

そんな時には息抜きも必要になってきます。

 

サークルや同好会など地域であったり、ネットの中で
仲間を募っている事もあります。

 

趣味嗜好が合う人とチャットやメールで話す事もでき、
相手がどんな人か分かったうえで会ったり付き合っていったりできます。

 

40代男性で友だちがいない危機のまとめ

 

今までは同僚や会社の人という意識でしか見て
いなかった社内の人が意外と趣味が合ったり
する仲間が居るかも知れません。

 

会社では年間通して花見などのイベントがあったりします。

 

そこで仲間を探してみるのも良いかも知れません。

 

地元開催イベントなどに足を運ぶと疎遠になっていた
友達と再会する事もありますので、これからは
自分の時間や仲間や知人との交流も徐々に
参加していくのもいいかも知れませんね。

 

 

page top