友だちができない男子中学生は普通なのか?

男子中学生で友達がいない

 

男子中学生で友達がいないのは珍しくない

 

男子中学生になると、色々と悩みが
でてきやすくなりますよね。

 

友達がいないというのも、
その代表のように思います。

 

ただ、実は男子中学生で友達がいないと
いうことは、珍しいことではないようです。

 

いつの時代も、友達がいないと悩んでいる
人はいます。

 

それくらい珍しいことではないのです。

 

ただ、友達がいないという悩みを解決するのは、
明確な答えがない分難しいです。

 

なぜ友達がほしいのか?

 

そもそもどういう相手を友達と呼ぶのか?

 

こういった基準のようなものは、
人それぞれあります。

 

友達というのは、特に曖昧です。

 

だからこそ、世の中には嫌われない人間というのは
いないです。

 

ただ、人を肯定的に見ることで、常に良い気分で
いられる人はいます。

 

そういう人は、自分自身を肯定的に見れますから、
自然と他人に対しても肯定的な目を向けられるのです。

 

友達がいないことが悩みだという男子中学生は、
友達を作るという意識から一回離れて、自分自身の
大好きなところを見つけることに集中してみたらどうでしょうか?

 

自分自身に肯定的になれれば、人のことも自然と
肯定的に見れる日はやってきます。

 

そうなれば、人の些細な態度は、
愛らしく感じる日もやってきます。

男子中学生が仲良くなるきっかけ

 

人が仲良くなるきっかけとしてよく言われるのは、
共通点ですよね。

 

自分と同じ部分があるというだけで、
親近感がでてくるものです。

 

今でしたらスマートフォンというのが
普及していますよね。

 

皆が持っているものだからこそ、
共通の話題として大活躍すると思います。

 

人と仲良くなるきっかけとしても、
大いに役立つはずです。

 

男子中学生でしたら、ちょうど携帯を持ったり
持たなかったりする微妙なライン。

 

興味がある年代だと思います。

 

だからこそ、スマートフォンを共通の話題として
活用するのがいいと私は思うのです。

 

男子中学生の友達に対する考え方

 

友達と言っても、年代ごとに捉え方が
変わってくるように感じます。

 

学校に通う学生でしたら、学校生活を共にする人だったり、
趣味の遊び相手だったりしますよね。

 

大人だったら、気心知れた話相手だったり、
飲みに行く相手というのもあると思います。

 

こんな感じで、一緒に過ごすシーンごとに、
相手も変わってくるんじゃないかと思うのです。

 

つまり、目的があって、それを一緒に楽しめる存在として
友達がいる場合が多いのではないかと思うのです。

 

そうやって考えていくと、友達を作るためには、
まず自分の目的を持つといいと感じます。

 

目的があれば、同じ目的の人が寄ってきやすくなるため、
友達を作るという意味でもいいと思うのです。

 

ですから、まずは小さいことでもいいので目的を持ちましょう。

 

きっと友達も見つかるはずです。

page top