彼女しか友だちがいないけど幸せな大学生活

友達のいない大学生活での彼女との出会い

僕は友達がいませんが大学時代に知り合った彼女がいます。

 

一人で講義を受けていました。もともと一人で行動するのが
好きだったこともあり、特段友達がいない、できないことに関して
悲しく思ったことはありません。

 

人と群れることが苦手で友人も狭く深くが好きです。

 

そんな一匹狼のような僕に唯一話しかけて気にかけて
くれたのが今の彼女です。

 

共通の趣味で意気投合し、親友と呼べるほどなんでも
話すことができ、理解をしあえる関係になりました。

 

そして僕と彼女はお付き合いをすることになりました。

 

両極端な友人関係

 

彼女はとても人望が厚く、友達がとても多い人です。

 

大学を歩いていてもいつも友達から話しかけられたり
挨拶をされていて僕とは非対称でした。

 

どちらかというと広く浅くというタイプの彼女ですが、
彼女は僕のあまり多くの人と関わりたくないという
気持ちを理解していてくれたので無理に友人との
輪にいれようとしないでいてくれたので僕としても
安心でした。

 

お互いの過ごしやすい環境を理解しながらの
お付き合いだったので大きな喧嘩やすれ違い等
もなく順風満帆という言葉がぴったりでした。

そんな彼女がなぜ友だちがいない僕を選んだのか

 

彼女は友人が多いのに、なぜ一人でいる僕を
気に入ってくれたのか聞いたことがあります。

 

僕は彼氏にするなら社交的な人や友人が多い人
がいいのではないのだろうか?と思っていたのです。

 

しかし彼女は僕の考えと違って一人でも行動できる
あなたが逆にすごいと思っていたといってくれました。

 

彼女は誰かと一緒にしか行動ができなかったので
一人で行動し、周りの目を気にしないわが道を行く
僕がとても魅力的だと言ってくれたのです。

 

友達なんて気が合う人が一人二人ほどいればいい
という僕の意見に感動してくれたとのことでした。

 

友達がいなくても私が狭く深く付き合う仲の
一人に入れたことがとてもうれしいと言ってくれた
その彼女とは今年婚約しました。

 

友達がいなくても彼女が一番僕のことを
理解してくれています。

 

彼女でもあり親友でもあるというのは、一番いい形
ではないかなとも思います。

 

そんな彼女をこれからも大切にしていきたいです。

page top