大学で友達ができずに留年してしまった

大学を留年して友達がいないのか、友達がいないから留年してしまったのか?

大学入学時に友達ができず、大学を休みがちになり、
とうとう単位を落として留年してしまった学生がいます。

 

その反対に大学を留年してしまった結果、下の後輩たちと
折り合いが悪く友達ができなくなってしまったケースもあります。

 

友達ができなくて留年したケース

 

大学に入り、心機一転、これから新しいキャンパスライフに
胸を膨らますも、思った以上に友達作りに苦心します。

 

結局、どんどん、周りはグループを作っていくのに、
自分だけ、どのグループの輪にも入っていけません。

 

居心地が悪くなり、学校を休みがちになります。また
居場所がなくて、授業も抜け出して、一人でフラフラ、
街を歩き時間をつぶすようになります。

 

その結果、単位を落として、留年となってし例もあります。

 

留年という結果を突き付けられただけでもつらいのに、
これからどうしていこうかと悩みます。奨学金も
余計に借りなくてはなりません。親にも甘えることはできません。

 

留年が決まれば、割り切って、アルバイトに精を出しましょう。

 

昼間の授業が終わったら、バイトに直行して奨学金が
余計にかかる分、バイト先での人間関係を鍛えましょう。

 

バイト先で親しい人が見つかればしめたものです。
たとえ、上下関係しかなくとも、卒業までのいい
社会勉強になります。

 

留年して下の学年に馴染めず友達ができなくなったケース

 

留年をしてしまい、思わぬことに一つ下の学年と一緒に
過ごすことになりました。

 

向こうは自分を先輩だと思っているので、どうしても距離を
置いてしまいます。

 

去年まで先輩だった人とため口を聞いていきなり、
友達になってくれる後輩というのは中々居ないものです。

 

後輩も悪気はないのですが。

 

去年まで同じ学年で仲良かった学生たちとも、
授業の選択の関係で中々顔を合わすことが
なくなりました。どうにも、自分は大学で孤立して
しまっています。

留年という試練だけでも精神的に参っているところに
後輩が寄り付いてくれないと、寂しいものです。

 

自分のほうから、フランクに、
「これから宜しくね!敬語なんて使わないで。」
と声掛けしましょう。

 

留年するにはするなりの理由があります。

 

医学部であまりに難しい勉強の毎日で付いていけず、
テストの点数が悪く単位を落とす場合もあります。

 

同様に難関大学に入れたものの、高レベルな学業
についていけず、留年という結果になってしまっています。

 

元来の人見知りからくる友達作りが苦手で休みがちに
なっていて単位を落としてしまったケースも勿論あります。

 

今や、大学も奨学金で通う生徒が多いので、
留年もバカになりません。友達ができないとなると
つらい気持ちと共に、今後の奨学金の返済も考えると
頭が重たいものがあります。

 

サークル活動が許されるのであればサークルメンバーと
交流を深めましょう。

 

しかしバイトをしなければ奨学金を返済できない
切羽詰まった状況であれば、バイト先での人間関係を
充実させましょう。

 

学業に本腰を入れたいところですが、今の大学生の
事情からすれば、なかなかそうはいかないものがあります。

 

学生時代の友達は一生ものです。

 

たまには、ボランティアに参加したり、国際交流
の場に参加したりしましょう。

 

大学以外の場所でも人との出会いはあります。

 

気を落とさないでください。友達という財産を
若いうちに作っておきたいものです。

page top