友達のいない人の実情50代

50代で友達いない人の実情

 

50代で友達いないのは珍しくない?

 

50代で友達がいない人というのは、実は珍しくないです。

 

50代までは、仕事や育児に忙しい人が多く、やることが
一杯で余裕がないからこそ、中々友達を作る機会がなかったりします。

 

忙しい日々を過ごす間に友達を作るのは難しいからこそ、
50代で友達がいないのは珍しいことではないのです。

 

そして50代になると、生活が落ち着くことが多いです。

 

落ち着いてきた時に、ふと友達のことを考える
というのがパターンとして多いのではないかなと思います。

 

落ち着いたからこそ、友達のことを考える余裕がでてくる。

 

時間ができた時に、遊びに出掛ける相手がほしいなと
思うことがでてくるわけです。

 

だからこそ、50代になると、寂しさを感じることが多いようです。

 

ですが、50代で友達がいないということは、
気にする必要はないです。

 

50代になって少し余裕がでてきたという話ですから、
未来を想像して明るい気分になりましょう。

50代の引きこもりは多い

 

近年は50代の引きこもりが問題視されています。

 

それについて、何とかしようというような呼び掛けも聞きます。

 

解決策が見えづらい精神的な部分ですから、
引きこもりの改善は難しいと感じられるのですね。

 

ですが私としては、引きこもりを気にする
必要はないと思っています。

 

そもそも引きこもりが問題であるというのは、思い込みに
近いものがありますから、あえて人が改善させようとする
必要はないと思うのです。

 

ただ、もし変わりたいと本人が考えているのであれば、
協力するのはいいと思います。

 

ですがその協力も、多くのことをしてあげる
必要はないと私は感じています。

 

私の場合でしたら、引きこもりの人に協力することは1つだけです。

理想の未来を思い浮かべること。

 

すぐに大きな変化はないかもしれませんが、続けていけば
いつでも理想の未来を頭に思い浮かべて良い気分で
いられるようになります。

 

良い気分でいれば、外にでる勇気がでる日もきますから、
自然と引きこもりが改善する可能性が上がっていきます。

 

ですから、私が引きこもりの人に何か協力するとしたら、
理想の未来を浮かべるお手伝いをするだけです。

 

あれをしなさいといった具体的な指示はだしません。

 

ですが、それだけで不思議と人生は変わってきます。

 

良い気分でいられる時間も増えますから、
本当にそれだけで変わってきます。

 

一度騙されたと思って、試してみてほしいです。

 

50代のコミュニティ

 

50代で生活が落ち着いた時、何かしらの刺激がほしいと
感じることもありますよね。

 

そんな時にオススメなのは、何かしらの
コミュニティに属することです。

 

サークルやコミュニティは探せば何かしらあります。

 

有料かもしれませんが、参加するだけで
生活に変化がでます。

 

運動系なら健康にもいいですし、
気分も晴れることでしょう。

 

コミュニティはちょっと敷居が高いと感じるのでしたら、
イベントとかに参加するのでも良さそうですね。

 

とにかく何かしらの刺激がほしくなったら、
とりあえず外にでるのがオススメです。

 

特に目的はなくても、お日様に当たるだけで
健康に良い影響がありますから、本当にオススメです。

 

page top