友だちがいないと就職できない?

就職する時友達がいないと不利なのか

 

就職する時に友達がいないと不利?

 

就職活動をするときは、自分で自主的に動くことが
求められます。

 

学生時代とは違い、自分で情報を集めて動くことで
初めて結果がでるからです。

 

そうなってくると、就職活動の時、友達がいない人は、
積極的な活動の経験が少ないという意味では不利かも
しれません。

 

情報を集めることも、試験を受けにいくことも、
自分で決めて自分で動かなければいけません。

 

積極性と自分で考える力

 

今まであまり試されたことがない力を試されるという
意味で、苦労するかもしれませんね。

 

ですが、今まで友達がいなかったという人にとっては、
自分の人生を作り上げるチャンスの場でもあります。

 

就職活動の時、自分で情報を集めていけば、
色んな話を聞けます。

 

色んな知識を得ることもできます。

 

就職活動において、経験はあなたの人生を
彩る材料になります。

 

それを得るだけでも、就職活動をやる
意味はあります。

 

就職活動をして内定をとれなかったとしても、
得るものがありますから、そこは安心していいと
思います。

 

内定を取りたい場合は、友達がいる人の方が
色んな意味で有利ではあります。

 

ですがそれは、友達がいないから内定を取れないと
いうことではありません。

 

就職活動において友達がいる人といない人というのは、
些細な差です。

 

だからこそ、友達がいないことは、気にしなくても
いいというのが私の考えです。

 

就職活動では友達がいること以上に大切なことが
ありますから、それを吸収していったらいいと思います。

 

就職できないのは友達がいないから?

 

就職できない時、自分でその原因をなんとか
特定しようとすると思います。

 

その原因の候補として、友達がいないからという
理由をあげることもあるのかなと思います。

 

確かに、就職する時は、友達がいた方が
意欲的にやろうという気持ちになりやすいです。

 

それに、就職活動に関する情報も入ってきます。

 

そういった意味では、人よりも友達がいた方が
就職活動は有利と言えると思います。

 

ただ結局入る会社は1つだけですよね。

 

就職できないと悩んでいても、たった1つの会社に
入れればそれでいいのです。

 

就職できない原因を探すことは必要かもしれませんが、
全ての会社に好かれる必要はありません。

 

入りたい会社があれば、その会社の情報だけ
あれば充分です。

 

落ちた時の保険をつけたとしても、1〜2会社分の情報
だけでいいと思います。

 

内定を取れなかった原因を探す時、あなたはどの
会社にも好かれる最善の答えを探そうとしてしまうので
はないかと思います。

 

ですが、どんな会社にも通用する万能な答えというのは、
あまりないと思います。

 

なぜなら、会社によって求めている人材が違うからです。

 

就職できない原因を探すよりも、入りたい会社がどんな
人材を求めているかをしっかり把握しましょう。

 

それを把握した上で、対策を立てましょう。

就職するために必要なこと

 

就職する時、友達がいた方が有利とは言っても、
必ず友達がいないと就職できないというわけではありません。

 

ただ情報が入りやすいから有利というだけの話です。

 

私が思うに、就職活動に本当に必要なのは、
自分の希望を明確にすることです。

 

そして、希望が明確になったら、
「相手から見て私は採用したい人物か?」
と問いかけてみるといいと思います。

 

そうすると、具体的な対策が見つかりやすいと思います。
全ては入りたい会社が明確になってからです。

 

就職活動をするのは、ゴールを定めてからにしましょう。

page top